So-net無料ブログ作成
-| 2012年03月 |2012年04月 ブログトップ

“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~ テクニック [“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コ]



新しく社会人になったけど、学生と違って仕事場でのコミュニケーションの取り方がよくわからない

新しく営業の仕事を始めたけど、どういう風にお客さんに話をすればいいのかよくわからない、
なかなか成績が伸びない

おもしろい会話についていけない、ユーモアセンスに自信がない

話すことがなくて会話が続かない、すぐに途切れてしまう

共通点がない人との会話に困る

是非、“あなたのファンがどんどん増える”ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~を、
試してみてください。

会話の苦手意識をなくす方法

笑いと説得力を生むテクニック

が書かれています。




詳しくこちら ↓↓↓

“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~




どうすればそんなおもしろい例えを次から次へと繰り出すことができるのでしょうか?
やはりセンスでしょうか?

もちろんセンスもあるでしょうが、例えは、考え方を意識して訓練すれば、
特に才能がなくてもできるようになります。
それが、「ある要素に注目し、違うジャンルに飛ばす」です。

ではここで問題です。

【問題】
あなたは営業マンで、お客さんに商品の説明をしています。あなたの会社の商品はちょっと値段が高めですが、その分品質にこだわっています。しかし商品の細かい説明をしても、お客さんには全く響きません。「値段はちょっと高いけど、これは本当にいいものなんですよ」ということを、わかりやすく端的な例えでお客さんに伝えるには、何と言いますか?




答えはこちら↓↓↓

“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~



  
この下を読む前に、少しあなた自身でも考えてみてください。

私なら、こんな風に言います。

「はい、例えば、立ち食いそばと手打ちそばでは、
値段も味も全然違うと思うんです。
だからウチの商品は、最高級の手打ちそばだと思って欲しいんですよ。」

ここでは、「安い―低品質 高い―高品質」という要素に注目して、
それをそばという別ジャンルに飛ばすことで、例えを作りました。

ちなみにこれは、実際私が営業マン時代によく使っていたフレーズで、
これを言うと、たいていのお客さんは一瞬で理解して、納得してくれました。

このように、ある要素を意識して、それを全く違うジャンルに結びつけることで、
奇想天外でおもしろく、説得力のある例えを量産することができます。
(“あなたのファンがどんどん増える”ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~
の中では、あなた自身の頭でユーモアを考えて身に付けられるように、
問題やワークなどもたくさん用意しています。)



詳しくこちら ↓↓↓

“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~の口コミ、内容、情報を公開しています。。「ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~」 を読んで実践すれば、悩みの大半は解決しています。是非、“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~を試してみてください。



 

共通テーマ:仕事

-|2012年03月 |2012年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。